牧野庭園について
Tomitaro-Makino
HOME
スケジュール
牧野庭園
牧野富太郎について
交通案内
ブログ
Information About Memorial Garden About Tomitaro Makino
Tomitaro Makino
牧野富太郎
Dr. Tomitaro Makino
(1862-1957)
Tomitaro Makino was born in Kochi, on 24th April 1862. He is one of the most famous botanist in Japan. In 1940, he published “An illustrated flora of Nippon by Dr. T. Makino”, a reference work that remains indispensable to professional botanists and enthusiasts today.
Schedule

【企画展】
雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 -

会期:2017年11月3日(祝・金)〜2018年1月8日(祝・月)
企画展示:午前9時30分〜午後4時30分(入場無料)
開園時間:午前9時〜午後5時
★入場無料
休館日:毎週火曜日、年末年始
場所:練馬区立牧野記念庭園記念館 企画展示室
交通案内

【関連イベント】
●講演会「英国キュー王立植物園所蔵の日本コレクション」
講師:山中麻須美氏(英国キュー王立植物園公認画家)
日時:2017年12月2日(土)午後2時から3時30分まで
内容:英国キュー王立植物園図書館には江戸時代の植物図譜が、有用植物標本室には同時代の唐紙、漆器などの日本コレクションが保管される。これらのアイテムがいつ、どのような経路を辿って同植物園のコレクションとなったかを紹介。
費用:無料
定員:30名(事前申込・抽選)
場所:牧野記念庭園講習室


●ボタニカルアート講座
講師:石川美枝子氏(植物画家)
日時【4日制】:11月15日(水)、11月22日(水)、11月29日(水)、12月6日(水)いずれも午前10時から正午まで
内容:本格的なボタニカルアート(植物画)の描き方を学びます。
持ち物:透明水彩絵具、水彩筆、鉛筆、練ゴムほか
材料費:1,200円
定員:16名(事前申込・抽選)
場所:牧野記念庭園講習室

申込方法
郵便往復ハガキの往信用裏面にイベント名・郵便番号・住所・氏名・電話番号 を、返信用表面に郵便番号・住所・氏名を明記してお申し込みください(〒178-0063東京都練馬区東大泉6-34-4練馬区立牧野記念庭園記念館宛)。応募〆切は以下の通り。
講演会「英国キュー王立植物園所蔵の日本コレクション」:
11月20日(月)ボタニカルアート講座:10月31日(火)
※講座の対象は原則として区内在住・在勤(在学)の方です。区内在住でない方は勤務先や学校の住所を記入してください。お申し込みは一人一通に限ります。

●ギャラリー・トーク 学芸員による展示解説
日時:11月5日(日)、12月23日(土)午後2時30分から20分程度
費用:無料(申込不要、定員20名程度)
場所:牧野記念庭園記念館企画展示室

【展示案内】
 イギリス・ロンドンにあるキュー王立植物園(以下キュー)で、昨年9月から今年3月まで「FLORA JAPONICA(フローラ ヤポニカ)」展が開催されました。この展覧会は、現在国内外で活躍する日本のボタニカルアートティスト35名による、日本に自生する植物を描いた作品を展示し、大変な好評を博しました。また、キュー所蔵の江戸時代以降出版された植物図鑑をはじめ、高知県立牧野植物園所蔵の牧野富太郎による植物図、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)が所蔵する加藤竹斎(1818‐1886)の植物画などが展示されました。当館からは、牧野富太郎植物画コレクションである服部雪斎(1807‐没年不詳)の植物画を出品しました。
 本企画展では、キューに出品された雪斎と竹斎の植物画、竹斎が原画を描いた『小石川植物園草木図説』(東京大学大学院理学系研究科附属植物園蔵)、及び当館が保管する竹斎の植物画など併せて約50点を展示します。また、国立科学博物館にて現在開催中の「フローラ ヤポニカ -日本人画家が描いた日本の植物- 」(2017年12月3日まで)に関連して、キューで展示された現代のボタニカルアーティストの作品6点も紹介します。


▲表紙に戻る メニュー ▼開催履歴を見る

HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ