牧野庭園について
Tomitaro-Makino
HOME
スケジュール
牧野庭園
牧野富太郎について
交通案内
ブログ
Information About Memorial Garden About Tomitaro Makino
Tomitaro Makino
牧野富太郎
Dr. Tomitaro Makino
(1862-1957)
Tomitaro Makino was born in Kochi, on 24th April 1862. He is one of the most famous botanist in Japan. In 1940, he published “An illustrated flora of Nippon by Dr. T. Makino”, a reference work that remains indispensable to professional botanists and enthusiasts today.
Schedule

■最新の情報は練馬区公式HPをご参照ください。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご利用にあたっては、事前の検温、手消毒、マスクの着用、身体的距離の確保、連絡先の提供等にご協力をお願いいたします。



【牧野富太郎生誕160年記念特別展】
牧野富太郎と万葉集の植物

会期:令和4年(2022年)7月23日(土)〜9月25日(日)
企画展示:午前9時30分〜午後4時30分(入場無料)
開園時間:午前9時〜午後5時
休園日:毎週火曜日
場所:練馬区立牧野記念庭園記念館 企画展示室
交通案内

広告(表) 広告(裏)

【展示案内】
令和4年(2022年)は牧野富太郎博士生誕160年にあたる節目の年です。博士は、江戸末期の文久2年(1862年)に現在の高知県高岡郡佐川町で生まれ、昭和32年(1957年)に当園の所在地である練馬区東大泉のこの地で亡くなりました。本年は博士の生誕を記念して4月から翌年3月にかけて4回の特別展を開催します。本展はその第2弾になります。
牧野博士は昭和10年代後半から20年代にかけて、万葉集に詠まれた植物について、それらを描いた図と自説を著した文章からなる図譜を編纂しようとしました。残念ながら出版されることはありませんでしたが、100枚余りの「万葉植物図」と題した植物図がつくられました。主たる図の描き手は、『牧野日本植物図鑑』(北隆館 1940年)の図を担当した水島南平(1879-1950)で、図は博士の指導のもと制作されました。マツタケなど博士自身が描いた図も含まれます。また、「万葉植物目録」という、五十音順に万葉集で詠まれた植物名を並べたリストや、「万葉植物図譜」と題した序文およびオミナエシの原稿が残されています。本展では、「万葉植物図」や目録などを展示し、あわせて万葉集の植物について鋭い観察眼や豊富な知識を活用して博士が書いた文章も紹介します。展示を通して植物に関する博士の関心や主張を知っていただき、より一層植物に親しむことになれば幸いです。


【関連イベント】
●ギャラリートーク 学芸員による展示解説
【一般向け】
日時: 7月30日(土)、9月18日(日) (1)午前10時30分〜、(2)午後2時30分〜 各1回

【子ども向け】
日時: 8月21日(日) (1)午前10時30分〜、(2)午後2時30分〜 各1回

いずれも
定員:各回15名
申込:7月21日(木) から前日まで電話にて受付、先着順。
費用:無料
場所:牧野記念庭園記念館企画展示室
*ギャラリートーク中の入室は、事前申込者を優先します。



▲表紙に戻る メニュー ▼開催履歴を見る

HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ