牧野記念庭園情報サイト
Tomitaro Makino タイトル画像
HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ
About Tomitaro Makino
牧野富太郎
Dr. Tomitaro Makino
(1862-1957)
Tomitaro Makino was born in Kochi, on 24th April 1862. He is one of the most famous botanist in Japan. In 1940, he published “An illustrated flora of Nippon by Dr. T. Makino”, a reference work that remains indispensable to professional botanists and enthusiasts today.



【企画展】
雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 -

会期:2017年11月3日(祝・金)〜2018年1月8日(祝・月)
企画展示:午前9時30分〜午後4時30分(入場無料)
開園時間:午前9時〜午後5時
★入場無料
休館日:毎週火曜日、年末年始
場所:練馬区立牧野記念庭園記念館 企画展示室
交通案内

広告

【展示案内】
 イギリス・ロンドンにあるキュー王立植物園(以下キュー)で、昨年9月から今年3月まで「FLORA JAPONICA(フローラ ヤポニカ)」展が開催されました。この展覧会は、現在国内外で活躍する日本のボタニカルアートティスト35名による、日本に自生する植物を描いた作品を展示し、大変な好評を博しました。また、キュー所蔵の江戸時代以降出版された植物図鑑をはじめ、高知県立牧野植物園所蔵の牧野富太郎による植物図、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)が所蔵する加藤竹斎(1818‐1886)の植物画などが展示されました。当館からは、牧野富太郎植物画コレクションである服部雪斎(1807‐没年不詳)の植物画を出品しました。
 本企画展では、キューに出品された雪斎と竹斎の植物画、竹斎が原画を描いた『小石川植物園草木図説』(東京大学大学院理学系研究科附属植物園蔵)、及び当館が保管する竹斎の植物画など併せて約50点を展示します。また、国立科学博物館にて現在開催中の「フローラ ヤポニカ -日本人画家が描いた日本の植物- 」(2017年12月3日まで)に関連して、キューで展示された現代のボタニカルアーティストの作品6点も紹介します。

▼「関連イベント」もございます→ 続きはコチラ

利用時間 09:00-17:00(企画展の場合は09:30分から16:30まで)
火曜休館日(火曜日が祝日のときは開館し、翌日休館)、年末年始(12/29〜1/3)

HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ